主婦でも借入可能!人気のカードローンの仕組み

生活を潤わせたい主婦の皆さんへ

毎日忙しく仕事や家事をこなし、家族の世話をして、夜寝る前に家計簿をつけたら赤字の時、疲れが一気にでてしまう、という主婦の方が大勢います。一生懸命にやり繰りし自分の欲しいものは後回しで頑張っているのに少し足りない、という状況は、主婦の方なら経験したことがある人も多いでしょう。あとほんの少しだけでもお金があれば、手が届きそうで届かなかったものが、手に入るかもしれません。そんな主婦にとって、カードローンは強い味方になります。正しい選び方と使い方と返済プランさえ守れば、カードローンで日々の暮らしを少しグレードアップすることができるでしょう。

失敗しないカードローン選びで重要なポイント

旦那や家族に内緒で借りられる

主婦がカードローンを作りたくても作らない大きな理由は、旦那さんや家族の人にバレたら困るから、というものです。しかし、これに関しては心配する必要はありません。カードローンを作る人のほとんどが、主婦に限らず、家や会社にバレたくないと思っているからです。そのため、ローン会社は決して借り手の周りにバレるような行動はしません。個人のプライバシーを尊重することに関しては、ローン会社に全く問題はないでしょう。仕事先の確認作業のための電話も、個人名でかけてくるなど、配慮がされています。

店舗以外にネットや電話での申し込み

多くのカードローン会社はネットや電話で申し込みができます。わざわざ店舗にまで出向いて、ローン会社に入って行く所を近所の知り合いの奥さんに見られるようなことは、主婦にとっては避けたいことでしょう。ネットや電話申し込みができるローン会社の場合、その会社の店舗が住んでいる地域になくても全く問題ないのです。また、街中に無人契約機を設置しているローン会社もあります。それを使った場合も、人と直接顔を合わせる必要はありません。主婦のために、女性目線で相談に乗れるよう、専用の女性社員が対応する会社も多くあります。詳しく話を聞きたい場合は、店舗に直接足を運んでみても良いでしょう。

金利や手数料、返済手段

金利はカードローン会社によって違いますが、借り手の条件が同じ場合、そこまで大きな差はありません。しかし、金利の数パーセントの違いが、のちに大きく響くことも考えられるため、少しでも安い金利のところを探すことが一番大切です。ローン会社の中には、借りてから決まった日にち以内に返済すれば、金利がゼロになる会社もあります。そのようなサービスを上手く利用することができれば、主婦にとっては家計のやり繰りの助けになるでしょう。また、返済する時にはどのような手段があるのか、手数料は発生するのかをチェックすることはとても大事です。

信用のおけるカードローン

主婦がカードローンを作る時に失敗してしまう例として、誰にも借りていることがバレたくないが故に、有名でない全く聞いたことがないようなカードローン会社に申し込んでしまうことです。ポストに入っていたチラシや街中で配っているティッシュに書いてある謳い文句に踊らされて、うっかり契約してしまうことは大変危険です。普通の金融会社だと思ったら、暴利の闇金の場合もあります。やはりカードローンを作る時は、有名で聞いたことがある名前の会社を選びましょう。CMやネットで大きく宣伝している所は大手のため、国の法律で定めた以上の金利をとることはありません。相談や質問への対応もきちんとしているので、安心して借りることができます。

お金が実際に自由に使えるようになるまでの時間

主婦の場合、生活の中でのお金に少し困ったからこそカードローンを申し込む人が多い中、実際に融資されるまでの時間は気がかりな要項です。消費者金融系のカードローンは、審査が早く、場合によってはその日のうちにお金が手に入ります。そのため、次の日に支払わなければならない生活費が足りない時など、緊急で利用することができます。銀行のカードローンの場合、審査に時間がかかることが予想されます。緊急なのか、今すぐでなくても構わないのか、自分の状況に合った方を選びましょう。

主婦でも借入可能!人気のカードローンの仕組み

婦人

借入の条件を確認しよう

主婦の場合に限らず、カードローンの申し込みには、基本的に必要な書類が二種類あります。必ず必要になるのは、本人確認のための書類です。これは、どのタイプのカードローンを作るのにも必要になります。名前と生年月日と現住所が確認できる運転免許証や健康保険証がこれにあたります。さらに、収入証明が必要な場合があります。収入証明とは、源泉徴収票や、給与明細など公式に収入があることを証明できる書類です。借り入れる金額や会社によっても必要書類は違いますので、各社のホームページなどで確認してから申し込みましょう。

主婦でも借入できる理由をご紹介

カードローンを扱う金融機関は、銀行かそれ以外の消費者金融があります。パートやアルバイトをしている主婦ならば、収入証明ができるため、どちらの金融機関のカードローンでも審査を受けることができます。しかし、専業主婦の場合は、基本的に銀行のカードローンしか申し込めません。消費者金融は貸金業法というお金の貸し借りのルールを決めた法律に乗っ取って営業しています。これにより、消費者金融は収入の三分の一までしかお金を貸せないことになっています。つまり、収入のない専業主婦にはお金を貸すことができません。ただし、配偶者である旦那さんの収入が安定してある場合は、同意書があれば借りることができます。それとは違い銀行の場合は、貸金業法の対象にならないため、収入証明が必要なく、専業主婦でもお金を借りることができるのです。

返せる余裕があるかじっくり考えよう

カードローンでお金を借りる時に一番大切なことは、最終的にきちんと返せるかどうかです。主婦の場合、自由になるお金がないため、カードローンを作って借金をする場合が多いです。それは、返済に回す分のお金にも限度があることを意味しています。普段は少しは余裕があるのに、たまたま今回は出費が重なった、などの理由ならば、返済に回すお金も確保できるでしょう。しかし、毎月ぎりぎりの生活をしている場合、返す当てがなくなってしまいます。いくらづつなら返済できるのかを考えることで、自分が借りても余裕をもって生活できる額が逆算できます。自分で計算するのが難しい場合は、ローン会社に直接相談してみましょう。

主婦による借入金の使い道・ベスト5

no.1

赤字になった生活費の補填

主婦がカードローンを申し込む一番の理由は、生活費の足りない分を補うためです。赤字になってしまったことを旦那さんに隠したい場合や、急な冠婚葬祭でお金を使った時など、緊急で少しだけ補いたい、という目的の方が多いようです。少額の場合はカードローンの審査も通りやすく、返済の負担も少ないことから、多くの主婦がこれを理由に借りています。

no.2

食事や身につけるものへの浪費

主婦にも人付き合いや買い物でストレスを発散したい気持ちは当然あります。友達とランチに行ったり、同窓会に着ていく服を新調したり、どうしても欲しいブランドの鞄を買ったり、家計のやり繰りだけでは補いきれない出費を、カードローンで借金する場合があります。自由になるお金が少ない分、使いたい時に使えないことで、余計にストレスのある生活になってしまうことも、浪費の原因の一つです。

no.3

パチンコなどのギャンブル

男性に多いと思われがちですが、世の中には大勢のギャンブル好きの主婦がいます。日頃のストレス解消にと、趣味程度に抑えられているならばまだ良いですが、ひどくなると自分では止められず、生活費にまで手をつけてしまいます。ギャンブル依存症という病気が原因ですが、本人一人の力では治すことが難しいため、家族の協力が必要です。ギャンブルで遊ぶための借金は、少しだけのつもりでも、返済ができなくなるほどの借金になる前に必ず誰かに相談しましょう。

no.4

実家への仕送り

家庭の収入の中から自分の両親のために仕送りをしている主婦の方がいます。なぜカードローンでの借金になってしまうのかは、旦那さんが仕送りに反対している場合や、自由になるお金が少ない場合が原因だと考えられます。両親が困っているのを助けたいという気持ちでしている仕送りですが、カードローンを作ってまでお金を送っていることを、一度両親に打ち明けてみても良いでしょう。その上で、お金以外の方法で何か助けられることはないか、仕送りを自由になるお金の範囲内に収めることにするか、相談することが大切です。

no.5

子供への投資

主婦ならではの理由ですが、やはり自分の子供には立派になってもらいたいという思いから、たくさんの習い事をさせたり、塾に入れたりと、子供に対する教育費用をまかなうための借金です。銀行には教育ローンと呼ばれるものがありますが、あれはあくまでも義務教育以降の教育や、私立の小学校と中学校に対する教育のみを目的に組めるローンです。つまり習い事や塾はローンの対象にならないため、主婦はカードローンから必要経費を賄っていると考えられます。

広告募集中